田野児童センター

立体造型作家
後藤 麻夫

こわい怪獣からかわいいキャラクターまでいろいろ作ります〜絵も描くよ!
怪獣/ジオラマ/飛び出すカード/絵

田野児童センターでは、6/5~7/14(月・金の12回)にワークショップを行います。 今にもおそいかかってくるようなリアル怪獣から可愛らしいキャラクターまで、多彩な作風の後藤せんせいと子ども達がつくるおみこしの出来上がりが楽しみですね。

8月07日

【田野児童センター最終日】

7月21日(土)

子どもたちが何日もかけて作ったおみこしが完成。
田野と言えばやっぱりこれですよね!!それぞれが作った大根に加えて、巨大な大根ちゃんも存在感がありますね。

8月01日

【田野児童センター3回目】

6月19日(月)
田野児童センターにて、アーティストの後藤麻夫さんがおみこしの土台を作りました。

8月01日

【田野児童センター2回目】

6月12日(月)
いよいよおみこし作り開始。アーティスト先生の持って来た材料で大根作り。テーマはもちろんアレですね。

7月21日

【田野児童センター第1回目】

田野の地域の特徴はなんだろう?子どもたちがアーティストの後藤麻夫さんと一緒に作品のテーマを考えて絵に描いてみました。

7月21日

田野児童センターでは、後藤 麻夫(ごとう あさお)せんせいと一緒におみこしをつくります。

子どもたちと一緒に制作をするアーティストをご紹介します!
【プロフィール】後藤 麻夫(ごとう あさお)
1962年生まれ 宮崎市出身
日本大学芸術学部 映画学科卒業
大学では撮影技術、映画カメラマンについて学び、卒業製作で撮影と特殊メイクを担当する。
卒業後、仮面ライダーなどの特撮番組の造型を製作する会社に入社、特撮番組、映画などに関わり、
同時にプロモーションビデオや舞台のコスチュームなども製作する。
1990年渡米し、ロサンゼルスで様々な映画の特殊メイクに関わり、7年間過ごす。
帰郷後、宮崎でおもちゃの原型や工芸作品などの製作をすると共に作品展や子ども向けのワークショップを開催する。
2007年田野児童センター館長に就任、日常的に子ども達や地域の人々と関わりながら作る楽しさを伝える。
また、博物館の展示物の製作やイベント等の造型を担当しながら模型ショーも主催している。

こわい怪獣からかわいいキャラクターまでいろいろ作ってくれる、
後藤麻夫せんせいが担当している会場はこちら

会場:田野児童センター
日程:6/5~7/14(月・金の12回)
時間:15:30〜16:30